So-net無料ブログ作成

寝返り防止クッション|口コミ、料金など

もうすぐ赤ちゃんが生まれるパパ・ママ、赤ちゃんが生まれてそろそろ寝返りをしだす頃のパパ・ママに、寝返り防止クッションを使ってみてはいかがでしょうか。
寝返りをしだす頃の赤ちゃんがいるパパ・ママにとっては目を離せないものです。特にパパ・ママの就寝中はうつ伏せになって窒息しないかどうか心配で深く眠れないものです。
そういう寝返りの時期に、寝返り防止クッションはとても重宝しますよ。
寝返り防止クッションを使えれば寝返りできないので、パパ・ママの就寝中も安心して眠れますし、ママが家事をしている間にも使えてとても便利です。
赤ちゃんが誕生したご家庭にとっては必ずしも通る道ですし、お値段もとても良心的で購入しやすいです。Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。





寝返り防止クッションは、パパ・ママの育児を楽にさせるものでもあります。寝返りしだす頃の赤ちゃんは目が離せなくて、自分のことが何もできないとストレスもたまってしまいますよね。
そんなときに大活躍間違いなしです。
寝返り防止クッションは、マジックテープでクッションの位置を調整でき、成長にあわせて使うこともできますし、中には3WAYもあります。3WAYとは、寝返り防止クッションとしてだけではなく、赤ちゃんを大人用の椅子に固定するチェアキーパーや、電車など乗り物の中で眠る際に便利なヘッドレストとしても使えるものです。多機能性あるものであれば、寝返り防止という目的だけではなく、他の用途にも使用できますよ。
寝返り防止だけで考えると使用する時期も短期間ですし、いらないかもと考えてしまうのが当然ですが、パパ・ママの息抜きできることを考えたり、他の用途で使用できることを考えれば買って大活躍です。
是非、この便利な寝返り防止クッションを購入してみられてはいかがでしょうか。

赤ちゃんと寝返りの関係・補足 

首が座ってしばらく経った頃の赤ちゃんは積極的に寝返りを打とうとしますが、これが危険。根が英ができるようになったばかりの赤ちゃんは仰向けからうつ伏せの状態になることはできても、うつ伏せから仰向けの状態になることができないのです。赤ちゃんが寝がえりを打つ理由はよくわかっていませんが、原因としては腰の骨が発達したからということが考えられています。

うつ伏せに寝ることを繰り返していると赤ちゃんが突然死してしまうこともあります。SIDS:乳幼児突然死症候群といいますが、赤ちゃんがうつぶせで寝ていないかどうか、良く見てあげないといけません。

赤ちゃんがうつぶせのままずっと放置されていると、窒息死してしまうことにもなりかねません。お母さん、お父さんで良く見てあげる必要があります。

また、うつ伏せから仰向けの状態に自分で寝返りを打てるようになっても、何回も同じ方向の転がっていったら赤ちゃんはベッドや布団から落ちてしまうことだってあります。赤ちゃんの時から右利きや左利きといったことがあり、どちらに転がりやすいかを赤ちゃんは体でわかっているのです。

赤ちゃんが寝がえりを打ちやすい時、寝返り防止クッションはきっと役に立ちます。ぜひ、お買い求めになってみてください。 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。